« března 2009 | Main | června 2009 »

17.4.09

星つむぎの歌、絵本になるそうです

CUKR[ツックル]でお世話になっているイラストレーターのデナリさん。

デナリさんの描いた絵はいろんな方を魅了していますが
このたび、プラネタリウムから絵本になったそうです。
『星つむぎの歌』。

山梨県立科学館のプラネタリウムからスタートして
もう見られないのかなと思ったあの絵が、一冊の本としてまとまったみたいです。

山梨といえば、いろんな意味でCUKR[ツックル]関係者も縁がある場所。
なので、絵本の発行をとってもうれしく、心待ちにしています。

デナリさん、おめでとーございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2.4.09

いたずら子犬

カレル・チャペックの有名な犬についてのエッセイ。
『いたずら子犬ダーシェンカ』として、新しく翻訳されました。

いままでも、何種類かの翻訳が出ていた作品ですが
「チェコ語らしさを」と翻訳を試みた作品が黄色い表紙で発行されています。

いくつか読み比べてみるのも、チェコ語を読んで比べてみるのも、楽しいかもしれません。
チェコ語から生まれた日本語の文章で、いろいろなことが見えてきますね。

それにしても、ダーシェンカの愛らしさは、こんなにたくさんの人を動かしているのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高円寺でチェコアニメ!

「チェコアニメとちょこっとチェコ雑貨店」というイベントが4月14日(火)〜4月20日(月)に高円寺で行われるそうです。

高円寺ギャラリーR(〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-22-5・ガオビル1F)というところで、チェコのアニメ上映もあります。要予約。

8名のハンドメイド作家による『チェコ』からイメージした作品の展示販売も。
チェコのボタンなど手芸雑貨もあるみたいです。

アニメのほうは、もぐらくんの絵でおなじみミレルの作品「コオロギくんとチューバ」、
ヨゼフ・パレチェクの『魔法の果樹園』、さらにブジェチスラフ・ポヤルの名作がならびます。

チェコアニメは予約が必要ですので、下記上映スケジュールを見て、ご予約下さい。

①4月17日(金)18:00〜20:00
②4月18日(土)13:00〜15:00
③4月19日(日)13:00〜15:00
④4月19日(日)18:00〜20:00

■前売り1,800円・当日2,000円
(ドリンク・お菓子付き)
■予約方法
件名に『チェコアニメ予約』として、希望の日時と番号、
名前、連絡先を記入の上、info@ca-n-ow.comまでお申込み下さい。

■上映内容■
『ネコの学校』ブジチェスラフ・ポヤル
『ビリヤード』ブジチェスラフ・ポヤル
『真夜中の大冒険』ブジチェスラフ・ポヤル
『魔法の果樹園』ヨゼフ・パレチェク
『コオロギくんとチューバ』ミレル

以上5作品は全日程共通上映作品です。

①と③『リトル・アンブレラ』ブジチェスラフ・ポヤル
②と④『りんごのお姫様』ブジチェスラフ・ポヤル

以上6作品の上映となります。

とのこと。
「リトル・アンブレラ」はアニメとは思えない不思議な光景がたくさん見られます。
ポヤルの映像はほんわかした丸いラインが印象的です。
「ネコの学校」はチェコ語もきけます。

みんなで集まって見られる大きな映像っていいものですよね。
家でみるより記憶に残るのがふしぎです。
春の日、おでかけしてチェコのアニメにふれるあったかいイベントです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京都でチェコ・ポスター展

チェコのグラフィックデザインはとても有名ですが、ただいま京都で
ヨーゼフ・フレイシャーを中心とした「現代チェコ・ポスター」展が行われています。

3月23日(月)〜5月1日(金)までの開催です。(毎週日曜日休館、10:00〜17:00(入館は16:30まで))
会場は、京都工芸繊維大学美術工芸資料館というところで、京都市営地下鉄松ヶ崎駅から徒歩10分ほどのところです。
入場料は一般200円、大学生150円、高校生以下無料とのことで、気軽に見られそうです。

興味深い展示を今後も予定されているところみたいですが、チェコのポスターだけ眺められるなんて、すてきですね。
桜の季節、新緑の季節に、近くまでお立ち寄りのさいはぜひ、おたずねください。

CUKRのスタッフも行ってみますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« března 2009 | Main | června 2009 »